グループホームあざみの家

グループホーム

共に生き、共に育み、手を取り合う風通しのいい家。

施設の紹介

「グループホームあざみの家」は北部地域の閑静な住宅地の中、小高い丘に特別養護老人ホームあざみの里との併設施設として平成15年12月に開設しました。

家庭的でゆったりとした環境の中、過去に体験したことのある役割(食事の支度や掃除、洗濯など)を馴染みの職員や利用者の皆と共に行いながら、日々の生活を送っています。隣接する特別養護老人ホーム「あざみの里」の喫茶やサロンに毎月参加するほか、花見やみかん狩り等の四季折々のイベント、映画やコンサート、外食など様々な交流の機会が持てるように入居者の要望等を聴きながら行事計画を立てており、ご家族の協力も得ながら入居者の豊かな暮らしを支援できるよう力を入れています。

また、利用者の方々の身体状況に応じた生活リハビリを取り入れたり、ご希望によりパワーリハビリテーションやくもん学習療法なども提供しながら住み慣れた環境で生活し続けることができるよう自立支援に努めています。

事業所理念

「風通しのいい家」・・・共に生き、共に育み、手を取り合う

  1. ゆっくり、ゆったりと
    入居者は「生活する主体」として、スタッフは「生活のパートナー」として個々に残された残存能力を活かし「出来ること」の自立支援をし、安定した生活を目指し、協力しあう関係作りをしていく。
  2. 笑いのたえない憩いの場
    自らの家でその人らしい普通の生活を送ることが出来るような家庭的環境の提供をする。又、いかに混乱なく、人として生活の「継続性」を貫いていく。
  3. ぬくもりのふれあい
    「外に開かれた生活」つまり家族、友人が気軽に訪ね、入居者も散歩や外出、外泊を通じて地域の中での生活を実感でき、又、地域と結びついた生活を大切にする。

ご利用基準

  1. 医療機関にて認知症と診断を受けている方
  2. 要介護認定で要支援2又は要介護認定1~5の認定を受けている方
  3. 高知市に住民票がある方
  4. 専門的な医療行為や病院の入院が必要のない方

※エレベーターがないので2F入居者の方は階段の上り下りが必要です。

施設の特徴

食事はみんなで作ります。

あざみの家の食事はご利用者様にも手伝っていただきながら作ります。包丁を握り、野菜を刻みます。自宅にいるように過ごし、みんなでおいしくいただきます。


利用者のペースに合わせた支援を行います。

ご利用者様はそれぞれ生活のペースが違います。生活のペースに合わせた支援を行い、ゆっくり、ゆったりとした生活を送っていただいています。


様々な年代の職員が利用者様に合わせて対応します。

様々な年代のスタッフがおり、ご利用者様と和気あいあいと支援を行っています。ご利用者様もスタッフも一緒にいて楽しい、家族のような雰囲気の中、毎日を過ごしています。


季節イベントの実施、映画やコンサート、外食など外出の機会もたくさんあります。


県内では2か所しかない実践モデル施設として、くもんの学習療法を行っています。

くもんの学習療法を取り入れて、 コミュニケーション機能 、 身辺自立機能 の改善を図っています。基本的に1対2で行い、個別に十分に支援できるようにしています。認知症の進行を緩やかにする効果があり、スタッフと利用者様のコミュニケーションを行います。

昔を振り返り、思い出を引き出す回想法を取り入れ、日々の生活活動につなげています。
学習療法について


入居者様の要望も聴きながら、家族参加型の行事も行っています。

ご家族の方にも当施設の行事に参加していただけるよう、最大限の配慮を行っています。


月に一度協力医療機関による往診がありますので安心して過ごしていただけます。



施設名称 グループホームあざみの家
運営事業者名 社会福祉法人 秦ダイヤライフ福祉会
運営者所在地 高知県高知市薊野北町2-25-8
TEL:088-803-1188
FAX:088-803-1185
開設年月日 2003年12月28日
定員 18名

お問い合わせ<グループホームあざみの家>

「あざみの家」の環境や設備、サービスなどについて、お気軽にお問い合せください。
TEL: 088-803-1188
FAX: 088-803-1185